読書は読了しないほうが良い?【コスパ最大限に本を読むためのルール】

インスピレーション
スポンサーリンク

結論として「読了すること」は思っている以上にコスパが悪い。
読書は自分に必要な部分を読む→そして行動に移すことで初めてコスパの高い自己投資になる。

銀ペン
銀ペン

むむむ?なんでだ?読み終わったら嬉しいし全部読むために本買うんじゃん!

sabo
sabo

私もそうだったんだけどね、ちょっと一緒に考えてみよう!

スポンサーリンク

その本にあなたは時間を払っている

私も本を買うとどうしても買ったからには最後まで読まなきゃと以前は思っていました。

理由としては、最後まで読む達成感を知っていたし、本を購入する1500〜2500円のお金はその頃の私の時給にいくらか足したもので決して安くはないものだったから。

でもよくよく考えるとこの考え方がとても危険なんですよね。

だって本を読む時間も本の代金同様、”払って”いるのだから

読書=読了で自己投資できてると思うのは勘違い

読了すると気持ちいいですよね。
ただ、一言一句全てをあなたの生活にいかすことができるのでしょうか?

読了したとしても、その後に役に立った本っていうのは実は数冊に過ぎない。
ということはありませんか?

この事実に私は気付いてしまったのです。

sabo
sabo

アレ?私内容ほとんど覚えてないかも・・・><

こういった自分の状態に気づいたときに自分ルールを決めました。

【ルール】読書をするときはまずサンプルから

ポチる前に必ずサンプルを読む。

というシンプルなルールを作りました。

大抵の電子書籍はサンプルを読むことができるので触りの部分を読んで、興味が惹かれた場合のみ購入しています。
実店舗の本屋さんでは、パラパラとめくった中に自分の興味のそそられるものがあるかどうか確認してから購入します。

もちろんこのやり方をしたとしても、その後役に立つ本は数冊に過ぎませんが、inputする時間が大幅にカットできます。

その分読みたいところだけ読んで、読了していない本も数え切れないほどあります。

これを多くの人は「もったいない」と考えています。

でも本当にそうでしょうか?

あなたの時間はその本の値段より圧倒的に高い

これはどなたにも言えることです。
例えば、1500〜2500円の本を買って、数ページ読んで自分が欲しかった問いに対する答えが得られた場合

それだけでこの本の価値はあったといえます。

でも、惰性で読み続けとしましょう。
3~5時間という時間を、全てが大事とも必要とも思えない本を全て読み切るのに使った場合

この時間もその本に”払って”いますよね。

時間は目に見えないものだから軽視されがちですが、時間は誰しも平等に24時間しかありません。

数時間かけて全てを読んで、果たしてその価値がその本にはあったのでしょうか?

時間ベースに物事を考えた方が圧倒的にコスパは良い

一言一句すべて大事な本はほぼないと私は思っています。
また、自分にそれを応用できるかはもっと狭い範囲の話になりますよね。

まずは先にこのことを理解して

読まないと判断した文章と本の代金に関しては

「それを読むために使ったであろう自分の時間を買った」

と思えば安いものです。

しかも入ってくる情報の質もグンと上がり、本を読む時間を取れないという感覚も無くなりますよ。

銀ペン
銀ペン

確かにそうだよなぁ〜
教科書一個も覚えてない

sabo
sabo

自分に必要なことをしっかり認識してから、読書すると脳みそがフル回転だし、実戦に移すことが多いから忘れることも少なくなるよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました