拡張機能chrome【web職8年】中堅社員が実際使う厳選22個

web
スポンサーリンク
銀ペン
銀ペン

拡張機能があるのは知ってるけど、どんなことに使えるの?
web職の人は結構使っているみたいだけど、実際どんなことにつかってるの?

web職8年の中堅社員の私がchromeに入れている拡張機能をご紹介します。
実際に使っているものは合計22個です。

実際に使わないと拡張機能も意味をなさないものです。
私も数多く使ってきましたが、残ったのは厳選された22個のみです。

sabo
sabo

22個は多く感じるかもしれませんがかなり使える拡張機能ですよ♪

この記事では、拡張機能(chrome)を使って、どんなことに役に立つのか、実際の使用方法と合わせてご紹介します。
記事を読み終えると、あなたのchromeが拡張機能でかなり便利なブラウザに変わりますよ。

スポンサーリンク

Bitwarden

セキュリティマネージャーです。こちらはソフトでもあり、拡張機能でもあります
よく多くのサイトで紹介されているのがonepasswordなんですが、サブスクリプション型なんですよね
そこで、無料のモノがないかなぁと探していた時見つけたのが、Bitwardenです。
ほぼすべてのデバイスで使用できます。私はwindows、mac、ipad、androidスマホで使用中です。

ato-ichinen

期間を指定できる拡張機能です。
chromeにはデフォルトでこの機能はあるのですが、3クリックくらいしないとその設定ができないのです。この拡張機能はずっと適用しておけば、検索した際に、期間をすぐ変更できます。2クリック減るというだけでかなりストレスが削減できます。

ウェブページ全体をスクリーンショット - FireShot

開いているページのスクリーンショットを撮る拡張機能です。
ページ全体、選択範囲、表示部分などを撮れます。
PCの画面自体を撮りたいときは、macではskech、windowsではsnipping Toolを使用しています。

Speed Dial 2

ブックマークを登録できる拡張機能です。
カテゴリ分けをして、どんどん登録しています。

Visual Inspector

正直イチオシの拡張機能です。
いわば、デベロッパーツールの簡易版です。感覚的に触れます。

どこでも翻訳 Translate Anywhere

簡易的な翻訳ウィンドウが使える拡張機能です。
例えば、日本語での検索結果に参考になるものが無かった場合、英語で検索をかけたいといったことがあります。
その際にこれを開いてパパッと翻訳し、コピペで検索したりします。

ColorZilla

カラーピッカー拡張機能です。
ちょっとこの色何色だろうと思った時に、簡単にカラーコードを調べられ、コードを取得できます。
サイトデザインの際の各項目の色決め等は他のサイトを参考にすることが多いので必須です。

Chrome Remote Desktop

クローム画面のリモートデスクトップ拡張機能です。
例えば、自分が家で作業しているときに部下のPCをリモートでつなげて操作方法などを説明したり
自分のPCでも会社と家のPCをつなげて使用するなど。
コロナ時代で、それぞれが別の場所で仕事をすることがあると思いますが、見せた方が早い!という仕事はこれを使っています。

かんたん文字数カウント

選択した文字数をカウントしてくれる拡張機能です。
ワンタッチでカウントできるので、短い文だけでは無く段落の文字数カウントについても重宝しています。

META SEO inspector

タイトルや、ディスクリプション、h1タグの中身など、SEOで重要と言われる情報を一瞬で確認できる拡張機能です。
競合や、ブログなどなら、気になるブロガーさんの記事の勉強などにかなり使えます。

Lighthouse

表示速度やSEOの評価などを調査できる拡張機能です。
PC・スマホ表示を別々で調査できます。
こちらも競合や、ブログ調査などに使えて自分のサイトにも反映させるデータが取れたりするのでおすすめです。

User-Agent Switcher for Chrome

デバイスの表示確認ができる拡張機能です。
WPサイトなどには適用させても表示の違いが分からない(ウィンドウの幅を自分で小さくしなければいけない)のでWindow Resizerを使いますが
その他のサイトであればこちらがデバイス分けで選択できるのでこちらで見ています。

Window Resizer

こちらもデバイスの表示確認ができる拡張機能です。
max-width で検索できる表示切替です。選択すると自動で、ウィンドウの幅も変わります。

WHATFONT

WHATFONTアイコンをクリックした後に、気になったフォントにホバーするとフォントの種類を教えてくれる拡張機能です。
これもサイト作成の際などには大変お世話になります。
終了するときは再度WHATFONTアイコンをクリックするだけです。

Quick source viewer

記事のソースを素早く確認できる拡張機能です。
デベロッパーツールでももちろん良いんですが、クイックというだけあってQuick source viewerアイコンをクリックした瞬間にソースページへ飛んでくれます。

Screencastify - Screen Video Recorder

ブラウザ内を録画できる拡張機能です。
手順書をキャプチャだけで作るのは結構骨の折れる作業ですが、一連の作業を録画して、動画として共有すれば作る方も観る方も楽ですよね。
mp4で録画できるので例えばyoutubeなどに投稿する時も便利です。

Convertio

各ファイルの形式をブラウザで変更できるConvertioというサイトにすぐアクセスできる拡張機能です。
ブックマーク みたいなものなのですが、使い勝手がいいので登録しています。

HTMLエラーチェッカー

その名の通りですね。htmlの構文の間違いを指摘して表示してくれる拡張機能です。
こちらは部下などに教える際、自分のサイトを確認する際に使用します。

Page Ruler Redux

ブラウザ内の要素のサイズを測れる拡張機能です。
カーソルで指定した範囲のサイズをtopに表示してくれるのでかなり重宝します。
サイト作成時などの参考にする際が大半です。

Clear Cache

キャッシュをクリアしてくれる拡張機能です。
ほっとくとどんどん溜まってブラウジングの速度低下にも繋がるので、定期的にクリアしています。

Site Palette

開いているサイトのカラー情報を全て表示してくれる拡張機能です。
カラーコードも同時に取得できるので、おしゃれなサイトの色配分などを参考にするときにかなり使えます。

Image Downloader

開いているページのimgを全て取得できる拡張機能です。
例えばサイトのお引っ越しなどの時などにかなり使えます。

拡張機能 chrome まとめ

拡張機能は手間を省いたり効率を上げたりして、生産性を向上させるのに必須の機能です。

ほんのワンクリックの手間が多いだけで、日々となるとかなりの差がでてきます。

是非、自分に合った拡張機能を追加して、サクサクとchromeブラウザを使いこなしましょう。

銀ペン
銀ペン

銀ペンは録画できるの気に入ったな♪

sabo
sabo

人によって全然効率が変わってくるよね!
端折れる手間はどんどん省きましょう!厳選してみてね♪

スポンサーリンク
web
スポンサーリンク
saboをフォローする
saboput

コメント

タイトルとURLをコピーしました